前へ
次へ

前日にお酒を飲んで交通事故を起こしたとき

年末年始といえば忘年会や新年会が多く、毎日のように何らかの酒宴に顔を出す人もいるでしょう。
普段車を使って通勤や仕事をしている人も、夜にお酒を飲むことが分かっているならそれを見越した行動をする必要があります。
電車で通勤をするとか誰かに迎えに来てもらうなどして、自分がお酒を飲んだ状態で運転をしないようにしましょう。
何とか無事その日が終わり眠りにつけば、次の日は通常通り車の運転をしようと考えるかもしれません。
ある日の朝に車を運転していたところ交通事故を起こしてしまいその後に呼気の状況を調べられたらアルコールが検出されたとします。
アルコールに関しては飲酒後すぐなら検出される可能性が高いですが、時間が経過すればそれなりに分解され検出される量も少なくなります。
ただ人によって分解のスピードが異なり、前日のお酒が残る可能性があります。
交通事故に注意をするとしたらお酒の量を減らすなりしておかないといけないかもしれません。

Page Top