前へ
次へ

交通事故で酒酔いと酒気帯びの違い

お酒を飲むと酔うのはどれだけお酒が強い人でも同じです。
一定年齢になれば法的な制限はなくなりますが、いつでもお酒を飲んでもいいわけではありません。
仕事中であれば倫理的に良くないとされるでしょうし、法律上で言えば自動車などの車両の運転をするときには禁止とされています。
ただ現実的に自動車に乗るたびに呼気におけるアルコール成分を測定することはなく自動車にもついていません。
たまたま検問が行われたり交通事故を起こさない限りはばれないのが現状です。
交通事故の被害者からすると相手が酒を飲んでいたとなると受けなくていい損害を受けたと感じるでしょう。
損害賠償もできるだけ多く取りたく感じますが、実際には酒酔いと酒気帯びがあり明確に区別されています。
どちらも呼気中のアルコール濃度が調べられ、一定以上あると酒気帯びになります。
そして言動などが異常と判断されると酒酔いとされより重い罰則になります。
つまり酒酔いと酒気帯びは呼気におけるアルコールの量の違いではありません。

Page Top